気候変動適応とは
WHAT IS CLIMATE CHANGE ADAPTATION?

頻発する豪雨や大型化する台風。農水産物への影響や増加する熱中症患者。
気候変動の影響は既に現実のものとして私たちの社会や生活に大きな影響を与えはじめています。

このような影響に対応するため、徳島県では2016年10月に全国に先駆けて徳島県気候変動適応戦略を策定し、
また、2020年3月には「2050年温室効果ガス排出・実質ゼロ」を掲げた徳島県気候変動対策推進計画を制定するなど、
緩和策と適応策を両輪とした気候変動対策を推進しています。
気候変動の適応とは何か、徳島県ではどのような取組や研究がされているのかについてお伝えします。

詳細を見る

徳島県気候変動適応センターについて
ABOUT CENTER

徳島県気候変動適応センターは、国立環境研究所や徳島県、大学や高専、
市町村、気象台などと連携・協力し、情報のハブとしての役割を果たします。

気候変動にかかる緩和策と適応策は車の両輪です。緩和策を推進している
徳島県地球温暖化防止活動推進センターと一緒になって、適応策を推進します。

詳細を見る

事例紹介インタビュー
CASE STUDY INTERVIEW

事例紹介インタビュー 「徳島の気候について」イメージ

事例紹介インタビュー 「徳島の気候について」

真冬だと思えない暖かさの2020年2月13日。学生地球温暖化防止活動推進員として活躍している原三都(はらみさと)さんが徳島地方気象台を尋ねて、山口調査官から徳島の気候についてお話しを伺いました。 徳島大学2年生の原三都さんの出身は山形...

徳島地方気象台・山口調査官

事例紹介インタビュー 「水温の変化と適応について」イメージ

事例紹介インタビュー 「水温の変化と適応について」

2020年7月下旬、学生地球温暖化防止活動推進員として活躍している山田朔実(やまだこよみ)さんと川原直晃(かわはらなおあき)さんが、海部郡美波町にある「徳島県立農林水産総合技術支援センター水産研究課」を訪ねました。県南でのわかめ養殖を...

徳島県立農林水産総合技術センター・水産研究課

事例紹介インタビュー 高温耐性品種米「あきさかり」の普及拡大へイメージ

事例紹介インタビュー 高温耐性品種米「あきさかり」の普及拡大へ

台風一過の青空が広がるものの、残暑が厳しい2020年9月10日、徳島県学生地球温暖化防止活動推進員として活動を始めた、大島愛加さん、長井優奈さん、藤原志帆さんの3名が、名西郡石井町にある「徳島県立農林水産総合技術支援センター」を訪ねま...

徳島県立農林水産総合技術支援センター・農産園芸研究課

詳細を見る

ページトップへ戻る